おかげ横丁

内宮参拝を終え、まだ時間は午前中w

ご飯&お土産タイムでございます

おかげ横町
昔ながらの町並みを、こんなところまで再現!!
ファミリーマート

伊勢と言えば、伊勢うどん、赤福かなと
今回は時間が限られているので、手ごね寿司と松坂牛はあきらめました

まずは、赤福にて「赤福氷」
赤福氷
抹茶のかき氷の中に赤福が入ってます
赤福以外でも食べられるみたいですが、やはりここは赤福で

この日は参拝客もそんなに多くなく、ゆっくり出来ましたが、日によってはかなり並ぶみたいです


お次はふくすけにて「伊勢うどん」
初めてなのでオーソドックスバージョンでいただきました
伊勢うどん
もちもちの麺に、たまり醤油をからめていただきます

他にも、横道を散策すると、海鮮や、コロッケ、お揚げ、ふぐ唐などなど、グルメには事欠かないエリアです


お昼すぎには伊勢を後にし、夜7時には東京に帰ってまいりました

今回お世話になったのはこちらの旅行会社のツアーです
四季の旅

神社仏閣関係がとても豊富です






スポンサーサイト

お伊勢さーん

いよいよメインの伊勢神宮 
まずは外宮へ
仕事帰りにバタバタと出発したので、普段着で下調べもなく行ってしまいましたが

早朝にも関わらず、きっちりした格好の人がいっぱい・・・
正式参拝する方たちみたいです

正式参拝とは、通常の神社と違い、伊勢神宮は立ち入り出来ない場所も多く、皇室の方たちとも違うのですが、以下のようなことらしいです。

「ご祈祷 」→神楽殿(お祓い・祝詞奏上・玉串奉奠・お神楽)
「正式参拝」→本殿の御垣内での参拝(お祓い・祝詞奏上)

【 伊勢神宮 内宮・外宮 】

内宮神楽殿では、神に感謝を捧げ、ご加護を願うご祈祷とともに大々神楽をあげたりします。正宮では特別正式参拝を行います。


< ご祈祷 >

神楽殿→「ご祈祷」→(お祓い→祝詞奏上)
    1、御饌殿(みけでん)→「御饌(みけ)」(一般的ご祈祷)
    2、神楽殿→「神楽(かぐら)」(大々神楽を舞う奉納御祈祷)
    3、御饌約15分、神楽奉納約25~40分

☆伊勢神宮の「御饌」が一般的な神社のご祈祷とも言えますし、大々神楽は比較するものがありませんね。


< 正式参拝(特別参拝) >

判りやすくいえば、通常御垣内には入れませんので、特別に神様にお眼通りが叶うという訳です。

御正宮(本殿)→正式参拝(特別参拝)
    1、御垣内(玉垣内)にて神主と共に進み参拝
    2、伊勢神宮では、特別参拝と呼ぶ。
    3、正装が義務付けられています。
    (普段着・ジーンズ・華美な服装不可・ハイヒールで玉垣は歩けません)
    4、初穂料金1000円(神楽殿でも収められます)

ドレスコードは厳しいらしいので、正式参拝される方はお気をつけ下さいませ。

外宮は天照大神の御食事の守護神が祀られており、毎朝8時前後に朝食の祭事が忌火屋殿にて行われているそうです。

正宮→多賀宮→土宮→風宮と回って、亀石がある橋を写メ
亀
パワースポットらしいです

バスの集合時間まで忌火屋殿で朝の祭事を見学
神職の方々


猿田彦神社へ移動
猿田彦神社はものごとの最初に御出現になり万事最も善い方へ“おみちび き”になる大神で、古事記、日本書紀などにも「国初のみぎり天孫をこの国土 に御啓行(みちひらき)になられた」と伝えられています。

佐瑠女神社も同じ敷地内にあります。
佐瑠女神社改装中

天照大御神が天岩窟(あめのいわや)にこもられたときに神楽をされ、大御神が再び現れて平和な世を迎えられたと伝えられます。俳優(わざおぎ)、神楽、技芸、鎮魂の祖神と仰がれます。

猿田彦神社には、方位石があり、文字盤の決められた方位の文字に掌を当てて祈願すると願いがかなうと言われています。


いよいよ内宮へ
内宮入口
本日の祭事

宇治橋を超えることで違う世界へと足を踏み入れることになります
宇治橋

参拝する前に五十鈴川で手を清めます
五十鈴川御手洗場


正宮の中は撮影禁止になるので、写真は石段の下から
正宮

正宮では個人的なお願い事はしてはいけませんので、日ごろのご加護を感謝し太平を願いませう・・・

個人的なことは別宮、荒祭宮で
荒祭宮

ここから縁結びの子安神社まで結構歩きますが、疲れた時は参集殿で休憩できます。
お茶も飲めますし、ここにしかない割れない鈴も手に入ります。
鈴
色も豊富でお土産におススメです



ちなみに神楽殿の神札授与所にメジャーなお守りはそろっています。
遷宮後限定で、造営の残材で作ったという遷宮記念のお守り、木守りというのがあります。
木守り






弾丸!!お伊勢さん

お久しぶりのにしやんです。

0泊2日の弾丸バスツアーで、初!お伊勢さん行って参りました。
去年遷宮があり、今年は60年に1度のおかげ年とのことで、ご利益が大きいらしいです。

夜10時30分に新宿を出て、朝5時に二見輿玉神社に着・・・
日の出から参拝です。
夫婦岩は古来より日の出遙拝所として知られてきました。
沖合約700m先には猿田彦大神縁りの興玉神石(霊石)が鎮まり、そこは降臨する神の依り代であり、常世の国から神が寄りつく聖なる処と言われてきました。
夫婦岩はこの興玉神石と日の出を遙拝する鳥居とみなされています。


お伊勢参りの前にここで禊ぎがてらお参りするとイイらしいです。
天気はあいにくの曇りで、日の出は見られませんでしたが、天気が良いと夫婦岩の間から太陽が昇ります
夫婦岩

今の時期は半年の穢れを落とすのに、締め縄の中を八の字を描いてくぐるのです
輪




この奥には龍神様も祀ってあるので、奥まで行くのがおススメです。

20分程でバスに戻って、次は月読宮です。

今回行くのは、内宮の別宮の月読宮。
外宮の別宮は、同じ読み方で、月夜見宮と書きます。

正宮は昨年遷宮をしましたが、只今、別宮を順序に遷宮中・・・

月読宮
新しい方↓
遷宮中月読宮

ここには4つの御社が並んでいて、参拝順序があるのでご注意!
①月読宮
②月讀尊荒御魂
③伊佐奈岐宮
④伊佐奈弥宮
の順で参拝します。

ここも駆け足で20分ほどで終了~

次はいよいよ外宮へGO!




SAMURAI BLUE

残念でした!!!!!!!!!!!!!!!!!

サッカーです。
もちろん、お仕事はちゃんとしてましたので、TVは見れませんでした。

日曜日で休日の人が多いのに、TV観戦にあわせていつもより早起きした人も多いはず。

昨日は東京タワーが応援ライトアップしてたみたいですよ。
東京タワー

試合の前日にまたあるみたいですよ。

19日(木)と24日(火)の夜ですね。
どこかでみてみよーっと。

次の試合は、是非うれしいお知らせ聞きたいですね。
ライトアップ見て応援しよー。

なんだか、梅雨がこないかも……と思ってしまうほどの気温が全国で続いていますね。

サロンに来店されるお客様の第一声も“暑いのよ―”って。

そこで、『環境省熱中症予防情報サイト』なるものを見つけましたので、
参考にして、熱中症にならないように気をつけていただきたいと思っています。

私も油断できませんけどね……
以下、サイトからです。

熱中症
main_line
main_line
WEBサイト
検索フォーム
プロフィール

neuアトリエ

Author:neuアトリエ
これは美容室のブログです。
不動産関係、金融関係、ネットワーク商法など一切関係ありませんのでご安心下さい。
タイトルはただの悪ふざけです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
サロン
リンク
QRコード
QR